Economy 2.0 実装後のゲームプレイ記はこちらから!

Cities: Skylines II 、PCのスペック変更!!

Cities: Skylines II(以下 “CSL2″)の推奨スペックが変更になりました。

スポンサーリンク

スペックの比較

最小スペック

変更前変更後
OSWindows 10 Home 64 BitWindows 10 Home 64 Bit
CPUIntel Core i7-4790K
AMD Ryzen 5 1600X
Intel Core i7-6700K
AMD Ryzen 5 2600X
メモリ (RAM)8GB8GB
グラフィックボードNvidia GeForce GTX 780 (3GB)
AMD Radeon RX 470 (4GB)
Nvidia GeForce GTX 980 (4GB)
AMD は上記相当
サウンドカードTBCTBC

最小スペックとして求められるPCの性能が上がりました。あくまでも最低スペックですので、ここに記載した性能ギリギリのPCにすると、まともにゲームができなくなります。次に記載する推奨スペック以上の性能にすることを強くおすすめします。

推奨スペック

変更前変更後
OSWindows 10 Home 64 Bit
Windows 11
Windows 10 Home 64 Bit
Windows 11
CPUIntel Core i7-9700K
AMD Ryzen 5 5600X
Intel Core i5-12600K
AMD Ryzen 7 5800X
メモリ (RAM)16GB16GB
グラフィックボードNvidia GeForce GTX 2080 ti (11GB)
AMD Radeon RX 6800 XT (16GB)
Nvidia GeForce GTX 3080 (10GB)
AMD は上記相当
サウンドカードTBCTBC

求められるCPUの性能が上がったものの、グラフィックボード (GPU) の性能は下がりました。推奨のGPUのスペックは僅か1GB下がっただけのように見えますが、GPUの値段がかなり高いので、10GBのものを買うのか、11GBのものを買うのかで10,000円ほど差が出ます。

新しいスペック

最小スペック推奨スペック
OSWindows 10 Home 64 Bit
Windows 11
Windows 10 Home 64 Bit
Windows 11
CPUIntel Core i7-6700K
AMD Ryzen 5 2600X
Intel Core i7-12600K
AMD Ryzen 5 5800X
メモリ (RAM)8GB16GB
グラフィックボードNvidia GeForce GTX 980 (4GB)
AMD は上記相当
Nvidia GeForce GTX 3080 (10GB)
AMD は上記相当
サウンドカードTBCTBC

PCを新規購入される方は、推奨スペック以上の性能にすることを強くおすすめします。今後、MODやアセットが登場した際、推奨スペックの性能だけでも足りなくなることがありますので、性能には余裕を持たせると良いでしょう。

スポンサーリンク

最後に

CSL2で遊ぶために求められるPCの性能が高く、簡単にお金を出せるものではないかと思います。しかし、それなりのスペックのPCを用意することで、最高の体験をできると思います。こればかりはケチらず、最高のPCを手に入れることをおススメします。

よいCSL2ライフをお迎えしましょう!

スポンサーリンク

リンク集

公式情報 (FAQページです。ジャンプ先のページの下のほうに記載があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました