Economy 2.0 実装後のゲームプレイ記はこちらから!

【CSL2で開発記 No.0】Cities: Skylines II をお試しプレイ

4.0
CSL2のタイトル画面

Cities: Skylines II (以降 “CSL2”) で遊んでみた感想や所見をまとめます。

この記事には、CSL2のネタバレを含みます。ネタバレを望まない方は、本ページを閉じていただきますよう、お願いいたします。

スポンサーリンク

ゲーム環境

僕が使用しているPCのスペックが以下の通りです。CSL2公式による推奨スペックも併せて記載します。

ゲームの推奨スペック管理人のPCのスペック
OSWindows 10 Home (64bit)
Windows 11
Windows 11 Pro
CPUIntel Core i7-9700K
AMD Ryzen 5 5600X

Intel Core i5-12600K
AMD Ryzen 7 5800X
Intel Core i7-13700F
メモリ16GB RAM64GB RAM
グラフィックNvidia GeForce RTX 2080 Ti (11GB)
AMD Radeon RX 6800 XT (16GB)

Nvidia GeForce GTX 3080 (10GB)
AMD は上記相当
Nvidia GeForce RTX 4080 (16GB)
サウンドカードTBC

PCのスペックによってゲームの動きが変わりますので、こういったレビュー記事を読む際には使用スペックに気を付ける必要があります。

また、グラフィックの設定を何も変更せずにプレイしました。

PCの処理が間に合わない方向けに、グラフィックの設定を落としてゲームをプレイできるようです。

公式情報

スポンサーリンク

タイトル画面

初めてゲームを立ち上げて最初に見る画面はタイトル画面です。

黒で塗りつぶしている箇所は個人情報です

美しい景色が背景に広がっています。ビルがとても高いです。タワマンが大量に建っており、いかにも超大都会感が出ています。

UI (User Interface) はシンプルになっており、直感的に操作できます。

Paradoxアカウントをお持ちの方は、ログインしておきましょう。また、お持ちでない方は、アカウントを是非お作りください。MODを導入するときに必要になると思います。また、前作CSLのトレジャーハンターのミッションをやった方は、Paradoxアカウントにログインすることで、報酬を貰うことができます。

スポンサーリンク

自動セーブ

何かあったときのために、自動セーブを有効にしました。時間は10分間隔、セーブデータは3つです。4つ目の自動セーブデータが作成されたときは、一番古いものが削除されます。

ゲーム中、一時的にPCに高負荷がかかり、ゲームが落ちてしまいましたが、自動セーブのおかげで、ゲームを復活させることができました! セーブが無かったら、問答無用で最初からやり直しになっていました…。

スポンサーリンク

新しい街で開発を始める前に

自分がプレイしたいマップを選び、街の名前や左側通行などのオプションを変更します。

左側通行 or 右側通行は、後から変更できないので注意!

チュートリアルのON/OFFはもちろん、街の名前も、ゲームプレイ中に変更できます。

スポンサーリンク

開発開始

オプションを設定し終わったので、いざゲームスタート! 読み込み時間はたったの10秒! 前作CSLよりも爆速です。

チュートリアル

今回はチュートリアルをONにしたので、カメラの移動の仕方から都市サービスの設置・供給の仕方まで、細かく説明があります。PCゲームや都市開発ゲームに慣れている方はチュートリアルは不要だと思います。チュートリアルは後からOFFにできます。僕は、後からOFFにしました。

道路

碁盤の目の道路を組み合わせて、下の画像のような道路を作ってみました。

CSL2では、たったの3クリックで碁盤の目の道路を作成できる機能があるので、このような道路でも簡単に作ることができます。直線の道路をたくさん敷きまくる苦労からさようなら! とても楽でした。詳細は以下の記事から!

夜の開発

夜の開発はとても真っ暗です。下の画像は、等高線の表示をONにした状態で道路を敷こうとしているところです。

等高線が見えません。ずっと昼のままで良いかも。景色を撮りたいときだけ夜にすると良いかもしれません。

ゲームのオプションで、昼夜サイクル or 昼のみ の設定ができます。ゲーム中でも変更できます。

スポンサーリンク

気になる点

CSL2をプレイして気になる点をまとめました。今後のアップデートでの改善を期待しましょう。

発熱ヤバない??

ゲームプレイ中、PCからとても発熱します。CPUやGPUの使用率を確認し損ねてしまったのですが、PCの発熱だけで暖房の代わりになるぐらいです。アップデートで改善されるとは思いますが、発売時点では、ある程度のゴリゴリに強いPCでないと、ゲームで遊べなさそうです。

ちなみに、僕のPCで人口3万人まで伸ばしましたが、特に問題ありませんでした。

日本語入力の癖

CSL2は、日本語入力に癖があります。キーボードで日本語を入力・変換したあとにEnterを押すと、入力した内容までで入力が確定してしまいます。回避するためには、変換中にF12キーを押すと良いです。日本語入力を続行することができます。

スポンサーリンク

次回から開発記やります!

今回の街はお試し用なので没にして、次回投稿分からじっくり計画的に街を作っていきます。週に1回の更新を目標に、じっくり街づくりを楽しんでいきます!

いつ来るか分からない最終回まで、ゆっくりお読みください! お待ちしております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました