Economy 2.0 実装後のゲームプレイ記はこちらから!

CSL2の今後のパッチのコンテンツ(2024/5更新)

CSL2の開発元、Colossal Order社(以降「CO社」)は、2024/5/23(日本時間)に、CSL2のパッチと、追加コンテンツのことに関する情報を更新しました。この記事では、その内容を簡単に見ていきます。

スポンサーリンク

パッチ

直近のパッチ

新しいパッチが、2024/6/3~6/19の間にリリースされます。
6/24 17:00(日本時間)リリースに変更になりました。

Economy 2.0

今回のパッチは、ゲーム内の経済を再構築するものです。経済管理の重要性を高め、難易度を上げ、プレイヤーの選択が今後の経済をどう左右するかが明確になります。

なお、既存のセーブデータにパッチが適用された場合、以下の現象の発生が予想されています。

  • 都市の支出が増える
    • 政府の補助金(財政援助)全カット + 建物の維持費爆増 によるもの
    • (2024/6/19追加)タイルの維持費も増える
  • 都市外からの都市サービスに依存している場合、「都市サービスのインポート」を有効にする必要がある
  • 住宅・商業・工業・オフィスの需要が、急激に増減する
    • 商業・工業・オフィスに関しては、需要の変化が落ち着くまで、時間がかかる
  • これに伴う、失業率の増加
  • 家賃の支払いができなくなる市民が減る
  • (2024/6/19追加)市民が大量死する現象が発生する(デスウェーブ)

アップグレードした建物の細かい制御

また、CSL2では、一部の公共施設をアップグレードすることができますが、それの再配置や削除などができるようになります。

詳細は今後発表とのことですので、発表があり次第、記事にまとめます。

夏以降のパッチ

夏以降のパッチでは、新しい都市サービスや車両が無料で提供されます。また、地面をペイントできるツール(CSL1での “Surface Painter” のようなものかな?)の導入も予定されています。

また、アセットエディタのリリースに向けた改善も行われる予定です。

スポンサーリンク

クリエイターパック

2024年第2四半期にリリース予定だったクリエイターパックは、8月以降に延期されることになりました。6月にリリースするパッチの評価に時間を割くためと、CO社の現地法の関係です。

CO社があるフィンランドでは、現地法により、夏に最低2週間連続で有給を取らないといけない法律があります。そのため、7月や8月はCSL2の開発に携われる人数が減るので、クリエイターパックのリリースは7月~8月初旬には行われません。

スポンサーリンク

コンソール版

コンソール版が延期になることが示唆されています。どうやら、品質が基準に満たしていないようです。

スポンサーリンク

リンク集

公式情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました